PMCファイルについて(認証の仕組み2)


pmc01

暗号を解くための暗号鍵PMCファイルは、各配信者ごとに配布されます。

認証したいパソコンを識別するためのPcIDを配信者に送ると(権利購入)、
各配信者はそのPcIDを認証したPMCファイルを作成します。
(PMCファイルの中身はPcIDと暗号鍵を暗号化したもので、個人情報は含まれません)

そのPMCファイルをパソコンの規定フォルダに置くと、PMCファイルで暗号化を解かれて再生されます。
規定フォルダは「管理画面」で開くことができます。

たとえば、配信会社「●●●」社のPMCファイルは「●●●.pmc」です。
そのPMCファイルで、2011年6月の暗号鍵番号「201106」が認証されれば、
ファイル名「タイトルA_Beaens_201106.wmv」は正常に再生されます。
認証されなければ、再生されません。
同じPMCファイルで、「タイトルB_Beaens_201106.wmv」も再生されます。
配信者と鍵番号が同じだからです。
「タイトルC_Beaens_201107.wmv」は再生できません。
2011年7月の暗号鍵番号で、契約していないためです。

鍵番号は6桁の数字です。





トップへ戻る